本文へスキップ

TOJIKI TONYAは陶磁器専門問屋です

素材について   磁器 / 半磁器 / 陶器(土物) / 陶器(粉引) / 耐熱陶器 / 土鍋 / 伊賀鍋 
磁 器
 素材の特徴
 磁器は、陶石を砕いた粉を練り上げて成形し、高温で焼成したものです。素地の組織が緻密で表面が白く、陶器に比べ硬質で丈夫な点が特徴です。また吸水性がないためシミやカビなどの汚れがつきにくく日常的にとても扱いやすい器です。
 お取扱について
・オーブン・電子レンジでの調理が可能です。
・食器洗浄機がお使いいただけます。
・直火でのご使用はおやめ下さい。
半 磁 器
 素材の特徴
 半磁器は、陶土と磁土を合わせて作った器で、陶器と磁器の性質を併せ持った焼き物です。永くお使いお楽しみいただく為に、以下の点に注意してご使用ください。
 お取扱について
・オーブン・電子レンジでの調理が可能です。
・食器洗浄機がお使いいただけます。
・使用過程でまれに貫入(表面釉薬の亀裂)が入ることがありますが、ヒビや破損ではありませんので、ご使用に支障はありません。
・若干の吸水性がありますので、ご使用後は、よく乾燥させてから収納してください。乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。
陶 器(土物)
 素材の特徴
古来より日常的に使われてきた焼物の代表的な素材です。吸水性が高い場合が多く、目が粗く柔らかいため、欠けやすいなどの特徴がありますが、種類が豊富で親しみやすく、味わい深い質感を有しています。
 お取扱について
・オーブン・電子レンジでのご使用はおやめ下さい。
・食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。
・シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。
・金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
・吸水性がある為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。

陶 器(粉引)
 素材の特徴
白色土で化粧掛けし、透明釉を掛けて焼成したものです。吸水性がある為、使い込むほどに「雨漏り」という濃淡のあるしみができるのが特徴です。お取り扱いに気を使う素材ですが、ぽってりと温かみのある独特な質感を有しています。
 お取扱について
・オーブン・電子レンジでのご使用はおやめ下さい。
・食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。
・シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。
・金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
・吸水性が非常に高い為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。
・油分の強い食品を長時間入れたままご使用になりますと、貫入に浸透し、しみや臭いの原因になります。

耐熱陶器
 素材の特徴
耐熱陶器には、ペタライト(特殊耐熱原料)が含まれています。そのため加熱による負荷が器本体にかかっても、熱膨張による破損がおこらない性質を持っています。正しいお取り扱いをして頂ければ、器として、調理道具としてお使い頂ける便利な素材です。
 お取扱について
・直火・オーブン・電子レンジでの調理が可能です。
・食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。洗浄は手洗いで行い、乾いた布で良く水分を拭き取って保管して下さい。
・シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。
・金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
・熱い状態の本体を素手で触れたり、直接テーブルなどに置かないで下さい。
・天ぷら・フライ等の油料理は危険ですので絶対にお辞め下さい。
・長時間にわたる空炊きはしないでください。
・熱くなった器を急激に冷やさないでください。割れる恐れがございます。
・吸水性がある為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。
土 鍋
 素材の特徴
土鍋にはペタライト(特殊耐熱原料)が含まれています。そのため加熱による負荷が器本体にかかっても、熱膨張による破損がおこらない性質を持っています。また耐熱陶土には遠赤外線効果があるため、食材の旨味を引き出し料理をまろやかに仕立てる効果があります。
 お取扱について
・直火・オーブン・電子レンジでの調理が可能です。
・食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。洗浄は手洗いで行い、乾いた布で良く水分を拭き取って保管して下さい。
・シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。
・金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
・熱い状態の本体を素手で触れたり、直接テーブルなどに置かないで下さい。
・天ぷら・フライ等の油料理は危険ですので絶対にお辞め下さい。
・長時間にわたる空炊きはしないでください。
・熱くなった器を急激に冷やさないでください。割れる恐れがございます。
・吸水性がある為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。
 伊 賀 鍋
 素材の特徴
 伊賀産地の地層である古琵琶湖層から採れる陶土は非常に耐火度が高く、古くより日本の生活道具として耐熱陶器が作られてきました。蓄熱・保温に大変優れ、味わい深い土の質感を有している所が特徴です。また遠赤外線効果があるため、食材の旨味を引き出し料理をまろやかに仕立てる効果があります。原料には特別な耐火性分を追加していないため、日常の一般的な使用環境の中でもペタライト含有の土鍋に比べ、貫入(表皮の亀裂)が入りやすい特徴があります。伊賀鍋ご使用の際は、日常を写し取ってゆく朽ちた趣をお楽しみ下さい。
 お取扱について
・丁寧にご使用いただいていても使用過程の中で貫入(表皮の亀裂)が必ず入りますが、ご使用に支障はございませんのでそのままお使い下さい。
・直火・オーブン・電子レンジでの調理が可能です。
・食器洗浄機でのご使用はおやめ下さい。洗浄は手洗いで行い、乾いた布で良く水分を拭き取って保管して下さい。
・シミやカビの原因になりますので、つけ置き洗いはおやめ下さい。金物や硬質な食器類とは、別に洗浄して下さい。欠けや破損の原因になります。
・熱い状態の本体を素手で触れたり、直接テーブルなどに置かないで下さい。天ぷら・フライ等の油料理は危険ですので絶対にお辞め下さい。
・長時間にわたる空炊きはしないでください。
・熱くなった器を急激に冷やさないでください。割れる恐れがございます。
・吸水性がある為、乾燥不十分のままにしておきますと、カビ・しみ・臭い発生の原因となります。

ナビゲーション