本文へスキップ

TOJIKI TONYAは陶磁器専門問屋です

産地と作り手  瀬戸品野 小春花窯 / 伊賀丸柱 カネダイ陶器 / 美濃高田 華陶苑 / 美濃下石 丸浦陶苑

麦藁手のうつわ 
「 瀬戸品野 小春花窯 」 加藤 宏幸さん
 

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯の加藤さんです。
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。この麦藁手もその一つです。近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると加藤さんは言います。「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」それは私達問屋業を営む者たちにも大きな原因があります。古き良き技術や素材をそれぞれの時代環境に合わせて提案してこなかったからです。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていませんが、私達トウジキトンヤは、産地や日常生活の中で培われた、本質を備えた土の道具が日用品として再び食卓の上に並ぶことができるような取り組みをしていきたいと考えています。
 
 

台所道具 行平鍋 
「 伊賀丸柱 カネダイ陶器 」 大矢 正人さん
 

三重県の北西部、自然の美しい静かな山間の中に土鍋で有名な伊賀焼きの産地である丸柱と言う地域があります。その丸柱で明治五年創業の窯元を営んでいらっしゃるカネダイ陶器の大矢さんに、伊賀陶土と土鍋についてのお話をうかがいました。
伊賀地域の古琵琶湖層から採れる伊賀陶土は耐火度が高いと言う特性をもっており、大正時代あたりから食生活の変遷と合わせる様に、陶土の特性を生かした庶民の生活道具として耐熱厨房食器が数多く作られてきました。
 カネダイ陶器さんもまた伊賀陶土の特性を生かした耐熱食器を数多く手掛けられており、特に関西の老舗料亭へ提供するオーダーメイドの手作り土鍋には素晴らしいものがあります。
プロの料理人からの厳しい要求の中から培われた技術やアイデアを日用道具としての焼物の中にも生かしているそうで、ご紹介する行平鍋もその一つです。
行平鍋は生活の中で洗練されてきた極めて実用的な道具として長く日本の食生活を支えてきました。機能性を向上させるために片手と注口を備え、まんべんなく熱が対流する様に丸みを帯びたとても愛嬌のある形をしています。長く愛される道具には美しさや親しみやすさと言った実用を超えたなにかが備わっていますが、この行平鍋もそんな古き良き道具の持つ要素を高い技術でしっかりと再現なされています。
素晴らしい道具を地道に作り続けてきた伊賀焼きの産地ですが、近年古琵琶湖層から採れる伊賀陶土の減少に加え、行政からの環境保護規制によって伊賀陶土の採掘が出来なくなりつつあるそうです。
「限られた資源を産地全体で有効に使うために開発は慎重に行なっていますし、採掘のために切り開いた山は陶土が掘れなくなった後にはきちんと森として再生しているんですが、現状は採掘権があっても国から許可が下りない様な状態なんです。」
産業と文化が一体となり自然と共生しているこの山間の産地の中でこの様な問題が生じているとは少し信じられない気持ちでした。
数年前に自然と産業との共生をテーマとした愛知万博が国の主催によって行なわれましたが、この伊賀産地こそモデルケースの様な地域ではないかと思います。
伊賀陶土で作られた土鍋は天然原料の特性をそのまま生かしただけの物ですから気持ちの上で手が掛かる道具です。現代の生活で使われる火力は少し強すぎるため、弱火で優しく使ってあげなければならなかったり、経年によってヒビが入ったりもします。
それでも伊賀鍋には他に変えがたい心を満たしてくれる素材の質感や特性があるのです。ゆっくりと時間を掛けて洗練されてきた物こそ丁寧に伝えていかなければならないと私達は考えています
 
 

時代を紡ぐ日用道具 擂り鉢と卸し皿 
「 美濃高田 華陶苑 」 加藤 智也さん
 

食材を「摺る・卸す」と言う、地味で決して目立つ事の無い調理過程を担う道具に対して、代を重ねて向かい合っている窯元があります。美濃高田焼きの山只華陶苑さんです。
寛政6年創業・現在7代目にあたる加藤智也さんに高田焼きと日用道具についてのお話を伺いました。

焼物産地が密集している美濃地域の中でも最古窯に分類される高田焼きは、当地特有の良質な粘土が産出される地域です。高田の土は、きめが細かく硬質で、焼成の方法によっては耐火度が高まると言った幅広い性質があるため、その発祥当時より、特に道具性の強い庶民のための日用品を数多く生産してきました。
代表的な物に釜飯用のお釜や湯たんぽ、徳利や汁次、食材保存用の瓶などがありますが、これらの物は
高田の特徴ある土の性質が良く生かされた大変良質な製品ばかりです。

「高田焼きの起源は、大名物など高価な焼物を焼いていた腕のある職人たちが、庶民のための焼物を作るために良質な粘土の採れるこの高田の地に移住してきたのが始まりと聞いています。そのため伝統的に日用道具としての焼物に成熟した物が多いんです。」

産地全体で日用道具の生産に対するDNAを持った高田の地にあって、この山只華陶苑さんにも、長い年月を経て少しずつ進化してきた素晴らしい道具があります。それが「擂り鉢と卸し皿」です。

「道具としての基本となる様なベーシックな部分は昔からまったく変わっていません。そこはキモとなる部分ですから。大切に守って行くべき所です。ですがそれぞれの代で使い方の勝手や心地をさらに良い物となる様に追求してきましたので、考え方やアイデアが少しずつ反映されて進化もしています。
私の代でも現代の生活スタイルに対する新しい試みを模索すると同時に、これまで培ってきた道具としての本質との狭間について日々試行錯誤しています。例えば擂り鉢に施す櫛目一つとっても、摺る感触・摺る過程での食材の香りの立ち方・摺り卸した食材の木目細かさなど追求する余地はたくさんあるンです。」

現代の生産現場の中では、時間と言うコストが真っ先に省かれるものですが、智也さんの話を聞いていると「 擂り鉢や卸し皿 」と言うささやかな日用品がとても贅沢な物に感じられてきます。

「現代では何をするにも便利になり、物事が早く簡単に済ませられる様になっています。もちろんそれはとても良い事ですし、生活の中で必要不可欠な事です。ただ、そちら側にだけ偏ってしまうのは精神的に豊かな事では無いと思うんです。料理をし、食事をすると言う行為は作業ではありませんから。
食材を摺ると言う行為一つとってもフードプロセッサーを使えばあっと言う間に作業は済ませられます。擂り鉢を使い、擂り粉木でゴリゴリと摺っていれば多少の手間と時間が掛かりますが、そのかわりに、食材に対する感触や摺る過程で沸き立つ香りなど、心を満たしてくれる要素を生みだしてくれます。便利に済ませる時と少し手間を掛けて心を満たしてあげる時、両方を使い分ければより生活は豊かになるのではと思うのです。」

長い時間の流れを背負っている智也さんだからこそ話せるこの言葉は、私達にじんわりと染みて行きました。

「窯元としての日用品の生産以外に、私自身のライフワークとしてアート作品も手掛けています。
アートの中では建築家やギャラリーなど他分野の方々とコラボレーションをしたり、それを発表するステージと言うものがあるのですが、受け継いできた窯元の生産現場の中には伝えるべきステージや発展的な交流と言う場が全くありません。
どちらかと言うと思わしくない交流の方が目立ちます。
私達が付加価値となる部分を積み上げてきた製品を、形だけ似せ安易に海外で作られたりするようなことはコストの削減に繋がるのでしょうが、それでは私の子や孫が製品の持つ本質的な価値を継続して繋いで行く様な市場環境にはなりません。
又、海外から安価な製品を大量に輸入することは、国内生産に比べ流通過程の中で何倍もの石油の消費に繋がり、環境面に対しても大きな負荷を掛けています。
昨今の食料問題の中で芽生えている地産地消、自給自足と言った考え方は、これから先の未来に向けて効率よく豊かに過ごすためのとても重要な考え方です。それは食料に限らず国内で生産される様々な分野の製品にも同じ事が言えると思います。私を含め付加価値を繋いできた生産者の方々の多くは、新しい出会いと環境を待ち望んでいると思います。
次の代の人々が希望を持って引き継いで行き、製品の持つ根源的な価値の継続が行なわれる様な環境が生まれる事を願っています。」

智也さんの物作りに対する姿勢は、高田の地に窯を開いた開拓者の方々が抱いていた、庶民のための日用品を生産する事で生活を支えて行こうとするその志とまったく変わらないものを感じました。

TOJIKI TONYAも産地の中で生きている問屋です。
私達は産地と消費者とを繋ぐ役割を担うと共に、産地の培った時間を繋ぐ役割も担って行かなければなりません。山只華陶苑さんを始め、良質な製品を生み出している生産者の方々と共に、消費者の皆様の生活にとって何が豊かであるのかを考え、本質的な価値を提案できるステージの開拓に取り組んで参ります。
 
 

洋食器のメーカー 
「 美濃下石 丸浦陶苑 」 各務 匡さん
 

明治時代に入り工業技術の近代化が進む中で、豊富な窯業原料の採掘場など地理的条件に恵まれた美濃地域は、先人の努力によって窯業経営のスタイルや生産の機械化、窯の改良など現代の産業の礎となる基盤を確立する事で日本一の陶磁器産地に成長しました。その美濃焼地方の中でも最大の規模を誇るのが「下石」です。現在でも100社を超えるメーカーが所狭しと並び様々な陶磁器製品を生産しています。
品質の高い日用食器の量産体制を早くから築いてきた美濃下石には現在、普段の生活に馴染みの深い雑貨・インテリアショップなどでよく見かける洋食器の生産が盛んに行われていますが、その中でも最も高い技術を持ち、生産可能なアイテムも多岐にわたる、日本有数のメーカーが今回ご紹介する丸浦陶苑さんです。
丸浦陶苑のオーナーである各務匡さんという方は物作りがとても好きで、サンプルのテストピースが窯から出てくるのを心から楽しんでいるそんな方です。物作りを本業とするメーカーにとって最もシンプルで重要な動機である「好き」や「楽しい」と言った気持ちを持ち合わせていない効率作業的なメーカーが多い中で、丸浦陶苑さんは積極的に楽しみながらニーズに合わせた技術を高めているめずらしいメーカーさんです。
美濃下石には、産地の歴史が育てた優秀な技術を持つ職人さん達が多くいた事も様々なニーズに高いレベルで答える事ができるメーカーとして成長する助けになったそうです。
私達トウジキトンヤもそんな産地の歴史やメーカーさんの努力を形にしてお届けできる存在に成長していきたいと思っています。
 
 

ナビゲーション